DJI OSMO Pocketを200g未満に改造したドローンRODEO150に搭載してみた

スポンサーリンク

DJIの小型軽量ジンバル一体型4Kアクションカメラ「OSMO POCKET」を購入し、これをRODEO150を改造して200g未満にしたドローンに搭載してみました。
航空法対象外の機体で滑らかな動画撮影が可能となります。

ドローンファンのみなさま!明けましておめでとうございます!

DJIのOSMO POCKETを購入しました!
GoProのHERO7 Blackと迷ったのですが、結局Pocketを書いました。
両者の特徴・比較はここや、ここに適当に書いていますので、ご興味があれば是非クリックしてご確認下さい。

【DJI公式】Osmo Pocket【送料無料】

価格:44,900円
(2019/1/1 00:46時点)

スポンサーリンク

小型軽量ジンバルアクションカメラOSMO POCKETをWalkera Rodeo150改造機に搭載

いやー。
Osmo Pocketは前回記事を書いた後に早速購入したんですが、なかなかブログ更新が出来ませんでした。
クリスマスがあって女房子供や愛人の相手をするのが大変で、、、忙しくて忙しくて、、、

嘘ですよ。
女房子供も満足に食わしていけない男が愛人なんて囲えますかいな。
だいたい私は不倫とかは大嫌いです。そんなのまともな人間がすることじゃない。

えーっとなんでしたっけ、、、

とにかくOSMO POCKETを入手しました!

通販で購入して「着弾」とか書くのはやめた方がよい

よくAmazonや楽天などで物品を購入して到着したら

「DJI OSMO POCKET着弾!」

とかのタイトルでブログを書くアホがいますが、やめた方がよろしいですね。
こんな表現を使用すると

「着弾?!!!!」
「戦争反対!」
「日本に軍隊はいらない!!!」
「基地はんたーい!!!」
「とらすとみー」
「スイスの様な軍隊のない国を目指せ!!!」
「ロックオンは自衛隊機が悪い!」

などと叫ぶエセ平和主義者やパヨクから思わぬ攻撃を受ける可能性があります。
わざわざ「着弾」などという物騒な言葉を使わず「到着」などにしときゃええんですよ。

えーっとなんでしたっけ、、、

あ、あと「開封動画」も気にくわないですね。
パッケージやその内部を画像等でシンプルに紹介するのは良いと思いますが、包装を開ける様子をグダグダな動画にして誰得やねん。しかも、この手の動画に限ってめっちゃ開封するの手間取ってやんの、、

勿論、川井浩二さんの様にしっかり解説した動画なら全くもって素晴らしいと思います。

動画-DJI OSMO POCKET開封&詳細スペック!

航空法適用対象外の200g未満ドローンでジンバルぬるぬる空撮

OSMO POCKETの購入目的は、航空法の規制対象外となる200g未満のドローンに搭載して3軸メカニカルジンバルを効かした滑らかなヌルヌル映像を得ることです。

200gを超えたDJI MAVIC等のドローンに搭載して撮影した動画も公開されていますが、あくまで目指すのは200g未満の機体に取り付けることです。

動画:Mavic2 ZoomにOSMO Pocketを搭載

POCKETの公称重量は116gです。私が実測すると117gありましたが、まあ軽量であることは間違いありません。

この軽量小型ジンバルカメラなら200g未満ギリギリで造ったブラシレスモーター機でリフト可能と考えてトライしてみました。
カメラ+ドローンでは300g程度になりますが、本体に外付けのカメラは航空法の規制対象重量には含まれないので、人口集中地区での飛行も可能です。
ドローンに内蔵ではなく外付け・後付けのカメラも「200g」の枠組みに含まれると言い切るアホもたまにいますが間違いですから。

コンパクトで高画質なOSMO POCKET

ほんと小さいですね!
ジンバルにコストを食われた分で画質が悪いのではないかと心配していましたが、予想外の高画質!
もちろん、もっと高価で大きなジンバルカメラと比較しては勝てませんが、サイズや価格で考えると十分に高画質です。

そして想像していた以上に小さいです。

うまい棒より小さかったPocket

うまい棒程度の大きさを想像していたんですが、もっと小さかったです。

ちなみにiPhone XRやiPhone6と比較するとこんな感じです。

川井さんの動画でも説明されている通りOSMO POCKETの初期設定セットアップには必ずスマホが必要です。
スマホの対応機種は「iPhone6以上」「iPhoneSE以上」、Androidは各機種確認ですのでネット等で情報を収集して下さい。

RODEO150を200g未満に改造してPocketをぶら下げる

Walkera RODEO150は200g以上なので改造した

Walkera社のRodeo150は大変楽しい小型軽量レースドローンで、レース入門機やちょっとした空撮機として大変素晴らしい機種です。

そんなRodeo150ですが、この機体は230g位あります。

規制の線引きが250g等の国では問題ありませんが、日本では航空法の対象機体となってしまうのです。

ですから私はパーツを全部ばらして軽量フレームに移植しました。

これで約180gです。

FPVカメラや送信機込みで約218gですが、カメラユニット等は「本体+バッテリーの重量」に含まれませんからOKなのです。

めっちゃ軽量な180mmフレームに移植しました。頑丈で重いフレームなら200g超えるでしょうね、、、

180mmフレームですが、モーター間距離は175mm
ですので、私はこの改良機を「RODEO175」と名付けました。

175!バッタの様なRodeo150ですから「イ・ナ・ゴ」です!

そして「F15イーグル」の様にペットネーム?も欲しいので、やはりバッタから取って最終的にはこう名付けました

「Walakru RODEO175 ホッパー」

ワラけるRodeoイナゴホッパー、、、、

えーっとなんでしたっけ、、、

兎にも角にもこの機体にOSMO POCKETを付ければ航空法規制対象外なハイクオリティー空撮機の完成です!GPSとかオートホバリングはできんけど、、、

RODEO175の機体下部にOsmo Pocketを搭載

機体はなるべく軽くしたいのでFPVユニットは外した方がいいんですが、めんどいのでFPV送信機のみ外してPocketを機体底面に縛り付けました。

こういったウレタンゴムを噛ませてマジックテープや結束バンドを使ってぶら下げれば良いと思います。

付けてみました、、どうでしょうか?

ちょうまてや、、、

かっこよすぎやろ!!!

約330gでした。できれば300g程度に納めたいですが、まあ飛ぶでしょう。

OSMO POCKETをドローンに搭載する時のコツ

カメラにスイッチや録画ボタンが押せるように

念のために液晶は上にして取り付けました。液晶面には電源スイッチや録画ボタンがあります。
ですからカメラの電源ボタンや録画開始ボタンが押せるようにRODEO175とPocketの間に少し隙間を空けました。

先ほどのウレタンゴムを小さく切って挟みました。

わかりにくい画像ですみません。RodeoとPocketの間に小さく切ったウレタンを挟んで巻きつけます。
少しですが隙間ができますので、これならつまようじ等を使用して電源ONも録画開始も操作可能でした。

足がない-発射台でジャイロリセットし、着陸はハンドキャッチ

「足はついていない、、、」

「あんなの飾りです!
エロい人にはそれが分からんのですよ!」

ROBOT魂 MSN-02 ジオング ver. A.N.I.M.E.

価格:22,000円
(2019/1/1 02:47時点)

飛んでる時は飾りですが、問題は離陸する時です。
手のひらから飛ばしてやってもいいんですが、水平な場所にドローンを設置してキャリブレーション=ジャイロリセットしてやらないと安定した飛行ができません。

足を自作してやれば良いし、足なしで地べたに置いてキャリブレーションしてからカメラを取り付けても良いですが、めんどくさい。

ですからこんな感じの発射台の上でキャリブレーションしてから飛ばせば良いと思います。

写真は空き缶でやってますが、別にダンボールでもなんでも良いからこんなんを作ってやればいいと思います。
「地べた発射」は砂や小石が舞ってモーターに噛んだりする恐れもあるので、その意味でも発射台の様な物を利用する方がいいです。

これで発射したとします、、、、そして、ドローンが帰って来る時に足が無い場合はどうしましょか。。
着陸時にどかっとカメラが地面にぶつかるのは避けたいです。
もう手で受けましょう。ハンドキャッチです。
初心者の方にはおすすめしませんが、慣れれば意外と簡単にキャッチできます。安全面には気を付けて下さい。
少なくともピンポイントで地面に着陸させるより、手で受けた方が楽ですよ。

飛行時間は?!

200g未満ギリギリのドローンに116gのDJI Osmo Pocketをぶら下げて何分くらい飛ぶのか?
RODEO150は2セル7.4v850mAのバッテリーです。

室内で試したところ飛行時間は5分位でした。

屋外で動き回ればもっと少なくなるでしょう。新品バッテリーで試しましたから、劣化したら当然短くなると思います。

ちょっと短い気もしますが、Rodeo150ってもともと8分程度しか飛ばんのでしゃーないです。

GPSや自動ホバリングの無いこの機体。
飛ばすのは結構な集中力が必要ですので、むしろこの位の飛行時間でいいじゃないでしょうかね。

バッテリーを何個か持っていって、飛ばしてバッテリーが切れたら下ろして、モーターを休めてまた飛ばして、、、ってやりながら空撮し、後は撮れた動画を編集して作品に仕上げれはいいと思います。
編集込みで「空撮」ですから。

【ラジコン ヘリコプター】WALKERA ワルケラ /ロデオ Rodeo 150用 リポバッテリー(7.4V 850mAh 25C(2S)) ×1 (Rodeo 150-Z-27)【送料無料】

価格:1,790円
(2019/1/1 03:56時点)
感想(1件)

空撮動画をYoutubeに上げたいですね、、、
かつては私もyoutubeチャンネルをたくさん運営していました。

そのうちの一つか二つか三つが過激で不適切と判断されBANされたとです、、、
そして芋づる式に健全なドローンチャンネルやペットチャンネルも消されました、、、
昔はチャンネル間で芋づる式に消されるってあんまりなかったのですが、今は違うようですね。
本元のアカウントは残っていますので再度ドローンチャンネルを作って空撮等の動画をUPしたいと考えております、、、

えー以上適当に書きましたが、こんなクソブログをご覧戴き大変ありがとうございました。クソな内容ですが、少しでも参考になれば幸いです。

本年のみなさまのご健康とご多幸を祈念致しまして本記事を終了させて戴きます。

それではごきげんよ〜

スポンサーリンク